戦後記録的な速さで再建された日本の産業は、常に依存してきました inovaçãotecnológica 逆境を克服するために。

昇る太陽の国は、何十年にもわたってイノベーションと関係があります。 第二次世界大戦後の復活以来、日本は技術の未来の青写真を持っています。

広告

1950年代に開始され、国の工業化に強く基づいて、紛争後の復興計画は、日本企業への大規模な投資、そしてとりわけ国民の資格に依存していました。

ロボット工学の分野は日本で最も優れた分野のXNUMXつであり、ロボット工学に関しては、この国が世界一のリファレンスであることは偶然ではありません。

日本で作られた「人間の皮膚」を備えたロボット

日本で作られた「人間の皮膚」を備えたロボット
日本で作られた「人間の皮膚」を備えたロボット

毛皮で覆われたロボットの指 人工生地 生細胞から成長 東京大学の機械工学教授である竹内昌治が率いる科学者のグループによって成功裏に開発されました。

広告

損傷すると皮膚が再生する可能性があります。 これは、皮膚が人間に似た質感を持つロボットの開発につながる可能性があります。

ロボットの指は直径約1cm、長さ5cmです。 その表面は培養されたヒトの皮膚細胞で覆われています。

科学者たちは、皮膚を構成するXNUMXつの異なる部分、つまり表面の表皮とその下の真皮を生成する培養法を開発しました。

耕作された皮膚は1,5mmの厚さです。 XNUMX本の指関節のいずれかで指を曲げたり伸ばしたりしても折れないほどの強度があります。 表面が切れたり損傷したりした場合は、 皮膚はそれ自体を修復することができます コラーゲンのシートをそれに接着させ、培養液に浸すことによって。

皮膚は栄養を与える血管がないため、長期間の使用を目的としていません。

広告

「将来的には神経や血管を追加して改善したい」と竹内氏は語った。

 

出典:読売