遺伝学などの要因が子供の目の色に直接影響することは否定できません。

そして、子供たちが生まれてから目の色の変化を経験することを考えると、反射は残ります:あなたの子供の最終的な目の色がどうなるかを予測することは可能ですか?

この疑問を明確にし、各色の特異性に対処するために正確に 赤ちゃんの目、 この記事を用意したこと。

前後の赤ちゃんの目の色

前後の赤ちゃんの目の色
前後の赤ちゃんの目の色

A 赤ちゃんの目の色 虹彩の外観を指します。これは、各目の瞳孔(黒い部分)を囲む筋肉の輪です。

虹彩は、目に入る光の量を制御するのに役立ちます。 アイリスの色は、非常に明るい青から非常に暗い茶色までさまざまです。

赤ちゃんの瞳孔は常に黒くなり、目の強膜(白)はほとんど常に白くなります。 なぜほとんどいつも?

子供が黄疸を患っている場合、色が黄色がかっている可能性があり、目が炎症を起こしている場合、色がピンクまたは赤になる可能性があるためです。

このダイナミックな動きをよりよく理解するために、出生時および分娩室の強い光にさらされると、光にさらされることにより虹彩でメラニン生成のプロセスが始まります。 の色の変化につながる可能性があるもの 赤ちゃんの目。

ほんの少しのメラニンとあなたの赤ちゃんは青い目をします。 もう少し追加すると、緑、灰色、またはヘーゼルナッツが得られます。 さらに、新生児の目は茶色または黒になります。

つまり、細胞によって生成されるメラニンは、皮膚と髪の色(または少なくとも子供の頃に持っていた色)と目を与える役割を担う色素です。

日光が肌を暗くするのと同じように、虹彩を通して目の色にも同じことをします。

出生時の赤ちゃんの目の色は何ですか?

赤ちゃんの目の色は、メラノサイトと呼ばれる特殊な細胞から分泌されるタンパク質であるメラニンに完全に依存しています。メラニンは、子供の肌にも色を与えます。

遺産が浅黒い肌の赤ちゃんは通常茶色の目で生まれますが、白人の新生児は青または灰色の目で生まれる傾向があります。

メラノサイトは光に反応するため、出生時に、主に色素が不足しているために、赤ちゃんの目が灰色または青色になることがあります。 その上、彼はその時点まで暗い子宮の中にいました。

彼がより多くの光にさらされると、時間の経過とともに(最大数年)、赤ちゃんの目の色が変わる可能性があります。

最も一般的な茶色の目は、非常に活発なメラノサイトがメラニンを過剰に分泌した結果です。 一部の色は時間の経過とともに変化する傾向があります。 しかし、茶色の目は生涯を通じて茶色のままになる傾向があります。

赤ちゃんの目の色が変化しなくなったら、先を見越してください!

赤ちゃんの目の色はいつ変化しなくなりますか?

メラノサイトが仕事を完了し、赤ちゃんの目の色が最終的に現れるまでに約XNUMX年かかります。

子供の最終的な目の色が最初の年の前に何であるかを確かに言うことは危険です。 ただし、次のXNUMXつの要素を考慮する必要があります。

  • 生後6ヶ月で変色率が低下する場合があります。 この時間の後も色は変わる可能性がありますが、速度は遅くなります。
  • 色の変化は、永続的になる前に数年間続く場合があります。

しかし、どういうわけか、赤ちゃんの目の色を予測することは可能ですか? 以下をご覧ください!

赤ちゃんの目は何色になりますか?

目の色は遺伝学によって決定されます。 特定の染色体は、目の色を決定する主な原因です。 それはXNUMXつの遺伝子を持っています。XNUMXつは虹彩のメラニンの量を決定し、もうXNUMXつはメラノサイトの活動を制御します。

これらの遺伝子は、目の色を決定する際に連携して機能します。 他のいくつかの遺伝子はマイナーな役割を果たします。

自分の目の色とパートナーの目の色を見ただけでは、必ずしも赤ちゃんの目の色を予測することはできません。 しかし、時にはあなたの予測が実現することがあります。

それはすべて遺伝学のゲームです。 これを考慮して、赤ちゃんの目の色がどうなるかを確認することは可能ですか? 見て!

赤ちゃんの目の色を予測することは可能ですか?

実際、赤ちゃんの目の色がどうなるかを予測することはできません。 ただし、次のようないくつかの予測があります。

  • XNUMX人の茶色の目の親には、茶色の目の子供がいる可能性があります。 しかし、それぞれの親の遺伝子の組み合わせに応じて、青、緑、または茶色の目を持つ子供を持つことができます。
  • すでに、青または緑の目を持つXNUMX人の親には、青の目、または緑の目(または青と緑の組み合わせ)の子供がいる可能性があります。 しかし、彼らには茶色またはヘーゼル色の目を持つ子供がいる可能性があります。
  • 片方の親の目が暗く、もう片方の親の目が明るい場合、目が暗い子供が生まれる可能性が少し高くなります。

ただし、赤ちゃんの目の色を予測する方法はありませんが、 子供の目の色がどうなるかを知るためのいくつかの確率を持つテーブル.

そうすれば、より詳細な近似を行って、子供の目の色がどうなるかを知ることができます。

読んで、赤ちゃんの遺伝学についてもっと学びましょう!

赤ちゃんの遺伝学

目の色の発達で最もよく知られているXNUMXつの遺伝子は、XNUMXつの形式、つまりXNUMXつの対立遺伝子があります。XNUMXつは茶色と青のバージョンで、もうXNUMXつは青と緑のバージョンです。

赤ちゃんの目の色は、両親から受け継いだ対立遺伝子の組み合わせによって異なります。 ただし、現時点では、グレー、ヘーゼル、バイオレット、その他のさまざまな組み合わせなど、他の目の色は完全には理解されていません。

よりよく理解するために、対立遺伝子は特定の遺伝子の代替形態です。 それらは、相同染色体、つまり同じ形質の遺伝子を持つ染色体上で同じ遺伝子位置を占めます。

長年、 茶色の目の色 は「優性」形質と見なされ、青い目の色は「劣性」形質と見なされました。 しかし、現代の科学は、目の色を決定することはそれほど単純ではないことを示し始めています。

目の色はXNUMXつまたはXNUMXつの遺伝子の影響を受けませんが、代わりにいくつかの遺伝子が一緒に働くことによって決定されます。 このため、子供が親とはまったく異なる目の色をしていることは珍しくありません。

ですから、青い目の両親が茶色の目をした子供を持つことはめったにありませんが、これは前代未聞ではありません。

この現象は、目の色が多遺伝子性であるか、目の色相を決定するために一緒に働くいくつかの遺伝子の影響を受けるために発生します。

多くの人が青い目の子供を望んでいますが、茶色の目を持っていることにはプラス面もあります。 詳細については、読み続けてください。

茶色の目の強さ

赤ちゃんの目だけでなく、大人の目も本質的に敏感です。 だからこそ、常に目を光らせておくことが重要です。 異常な信号.

ただし、目は敏感な領域ですが、たとえば茶色の目は青い目よりも少し強い傾向があります。

医師によると、 青い目、灰色または緑色は、茶色または黒色の目を持つ人々よりも光に敏感である傾向があります。

目が明るい人は、羞明や光に対する過敏症に悩まされることが多く、日光の下で目をこすったり、しばらく蛍光灯を当てると疲れを感じたりします。

この感度は、明るい目を持つ人々は、暗い目の人々よりも目のさまざまな層の色素沈着が少ないという事実によって引き起こされます。

その結果、明るい光や日光の影響を遮断することができなくなります。 したがって、両親が家から離れているときは子供たちに目を光らせることが重要です。

もちろん、赤ちゃんの目の色に関係なく、屋外でサングラスをかけて保護することをお勧めします。 探す キッズサイズサングラス UV保護を提供します。

結局のところ、子供の目の健康に気を配り、将来の問題を防ぐことが不可欠ですね。